ホーム
マイアカウント
お問い合わせ
アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダとは、5千年以上の歴史を持つインドの伝統医学です。
ブッダ(釈迦)が誕生する遥か以前にインドの賢者であるリシたちによって生み出されたと考えられています。
リシ達は人生における悲しみや苦悩は、人がその霊性に気づくためであると悟っていました。
私達の源である宇宙のエネルギーを用いて心身の調和を取り戻すことを目的とします。
アーユルヴェーダは医学だけではなく人が苦悩を脱し幸せに生きていく「術」であるといえます。

 

アーユルヴェーダの最古の書物は「チャラカ・サンヒーター」という古代インドのサンスクリット語で書かれた書物です。
サンスクリット語でアーユル(アーユス)は「生命、長寿」、ヴェーダは「科学、真理」を意味します。
栄養学や食事法、ヨガや
カラリパヤット(武術)や運動法、天文学や占星術まで含まれる膨大な知恵です。

生命全体に働きかけ身体、精神、魂のバランスをとって健康で幸せに生きるための古代からの知恵です。
アーユルヴェーダは体系化された医学としては、世界最古と言われています。
中国の漢方と同様、世界保健機構(WHO)によっても公式に承認されています。
現在インドでは現代医学と同等の医療として認知され国立や民間のアーユルヴェーダ病院がありアーユルヴェーダ医師がいます。
アーユルヴェーダでは、ドーシャと呼ばれる3つの「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」というエネルギーの組み合わせによる体質を重要視します。
ドーシャバランスの乱れが頭痛、肩こり、腰痛そして様々な病気を引き起こすと考えられています。

パンチャカルマ療法とは・・・
パンチャカルマとはサンスクリット語で五つの行為と言う意味で体内に溜まった不純物を取り除く五つの浄化法を行うと言うことです。
口、鼻、大腸、小腸、皮膚の体の五つ出口から毒素を排出する方法です。
薬草オイルを用いたマッサージ(アヴィヤンガ)と薬草の蒸気でサウナ、バターや薬草オイル下剤を飲む、鼻から薬草オイルを吸入する、薬草入りの浣腸などです。
数十種類の薬草を抽出したオイルを体質や症状別に使い分けるマッサージは特に重要とされ全ての患者に施されます。
シロダーラと言う額に暖かいオイルを流し続け瞑想状態になり心身の深い部分に働きかける方法もあります。
優れたデトックス(解毒)効果が認められているアーユルヴェーダ医学は糖尿病や肥満治療で世界中の注目を集めているようです。

ヨガはアーユルヴェーダの一部であり互いに補い合うのものです。
リラックスし深い呼吸によりプラーナと言われる生命エネルギーを取り入れエネルギーバランスを整え、瞑想によって自分の内側につながり宇宙につながりそして高次の意識(霊性)に気づくためのヨガです。
アーサナという座法やポーズは瞑想をより深め、高次の意識へとつながる最高の道具になります。
また心身を軽やかに、柔軟にしてエネルギーの循環を良くする最高の健康法です。

 
●アーユルヴェーダセラピスト養成講座詳細
 
アーユルヴェーダ体質チェック表


《ボディ・セラピスト養成講座 各種》《ボディ・セラピー各種》《スピリチュアル・カウンセラー養成・ヒプノセラピスト養成・ヒーラー養成スクール講座各種》《スピリチュアル・カウンセリング》《スピリチュアル・ヒーリング》《スピリチュアル・ヒプノセラピー》《ミディアムシップ》《前世リーディングと浄化》《オーラリーディングと浄化》《レイキヒーリング》《サイキック・ヒーラー養成講座》《レムリアン・ボディケア各種》《スピリチュアル・セッション各種》《コズミックヒーリング》
 
 
リンク集
アーユルヴェーダ,アーユルベーダ,セラピー&スク
ール アーユス,福岡県久留米市,アヴィヤンガ,インド式オイルマッサージ,インド
式リンパドレナージュ,シロダーラ,ガルシャナ,カティバスティ,ウッドワルタナ,パン
チャカルマ.ドーシャ,ヴァータ,ピッタ,カパ,インドハーブ,若さ,インド,伝統医学,イ
ンドオイル,オイルマッサージ,薬草オイル,インドハーブ,マッサージ,療法,WHO,アー
ユス,デトックス,サンスクリット語,ダイエット,糖尿病,肥満,医学,治療,生命,長寿,
歴史,中国,漢方,体質,解毒,浄化,整体治療院アーユス,癌治療,がん治療,がん予防,
難病治療,肥満治療,糖尿病治療,アンチエイジング